• ホーム
  • 淋病の症状と治療薬についてご紹介

淋病の症状と治療薬についてご紹介

淋病は細菌の仲間である淋菌に感染すると、2日~7日ぐらい潜伏してから発症する性病です。
性病の中でもクラミジアの次に感染頻度が高く、私たちに身近な病気とも言えるでしょう。
感染者には男性が多いですが、女性の場合は感染しても自覚症状があまり見られません。
男性の場合の淋病の症状として激しい尿道炎があげられます。
尿道から黄色い膿のような分泌物などが多量に見られ、排尿する時や勃起した時に非常に強い痛みを伴います。

アモキシシリンは梅毒や淋菌に効果のある抗生物質で、細菌に感染した場合は発熱や腫れ、動機や痛み、痒みなどのいろいろな症状が現れることがありますが、アモキシシリンを服用すれといろいろな症状を改善することが可能です。
アモキシシリンは病気の原因である細菌を破壊したり殺菌することができるペニシリン系抗生物質になり、感染症に強く効果を発揮できるペニシリン系の中では最も使用されています。
細菌はもちろん梅毒や淋病などの性感染症に効果的で、アモキシシリン成分は腸からの吸収率に優れて胃経口用として使用することが可能です。
さまざまな感染症に効果が働くのでいろいろな細菌が原因による病気や症状を治療することができます。
アモキシシリンは幅広い治療に効果があり、即効性もあるのでいろいろな医療現場で利用されています。

通常1回1錠を1日3回~4回水やぬるま湯で服用しましょう。
副作用として発熱や倦怠感、軟便や味覚異常、嘔吐や食欲不振などがあげられます。
高温多湿を避けて涼しい場所で保管すると良いでしょう。

アモキシシリンなどの淋病に効果のある薬を購入するにはインターネットを利用して薬剤サイトを利用すると便利です。
いろいろな個人輸入代行サイトがあるのでリーズナブルな価格で購入することができます。
誰にもばれずに購入することができるプライベート梱包サービスを利用することができたり、スピーディに郵送してくれる店舗もあります。

淋病治療薬アモキシシリンの作用について

アモキシシリンについてやや詳しく見ると、ペニシリン系の中でもベータラクタム系と呼ばれる抗生物質の一種です。
細菌の細胞壁にはペプチドグリカンという構造があり、この合成を妨げることで増殖を防ぐとともに殺菌作用を発揮します。
開発されてから45年以上経過している比較的歴史のある薬で、今では各社からジェネリック医薬品が発売されており、安価で入手可能になっています。
アモキシシリンの効力が及ぶ範囲は抗生物質の中では中程度で、主にグラム陽性菌(肺炎球菌や腸球菌など)と一部のグラム陰性菌(淋菌や大腸菌など)を殺菌する作用があります。
緑膿菌など効かない細菌もありますし、インフルエンザなどウイルスが原因の病気には効きません。

ただしインフルエンザに伴う二次感染に対して処方されることはあります。
もちろん淋病の黄色い膿を止めるためにも、即効性のある治療薬として用いられます。
アモキシシリンは吸収率の高い薬ですが、一部の微生物によって分解されてしまうことがあります。

また殺菌作用によって善玉菌まで殺していまい、下痢を起こしやすいので注意が必要です。
長期間にわたって服用するときは医師に相談したほうが良いでしょう。
ペニシリンにアレルギーがある方は、蕁麻疹などにも気をつけてください。
まれなケースとして、血小板減少などの重大な副作用も見られます。

どんな抗生物質でも乱用すると耐性菌を生む可能性があり、アモキシシリンも例外ではありません。
昔は有効だった菌に対して、近年では効かなくなるケースが増えています。
淋病を治療する際には決められた用法と用量を守り、症状が軽くなっても途中でやめたりしないで、しっかりと完治させることが大切です。