• ホーム
  • 性器にイボができたらコンジローマを疑いましょう

性器にイボができたらコンジローマを疑いましょう

尖形コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することによって発症する性感染症です。
ヒトパピローマウイルスそのものは100種類以上ありますが、尖形コンジローマはヒトパピローマウイルスの中でも6型と11型のものが感染することによって発症すると考えられています。
感染するウイルスのタイプによっては、男性の場合には陰茎がんを、女性の場合には子宮頸がんを引き起こす可能性があるため注意が必要です。
特に、若い女性が感染すると子宮頸がんを発症するリスクが高くなってしまいます。

尖形コンジローマの代表的な症状は性器周辺にイボのような良性腫瘍ができることです。
イボは性器周辺にでき、目視でも確認することができます。ニワトリの鶏冠のような形のイボができます。
最初は小さなイボであっても時間の経過とともに大きくなり、数も増え、面積も広がって行くため、気づいたらできるだけ早く治療を行うことが大切です。
自然治癒することは非常に稀であることからきちんと治療を行う必要があります。

感染してから尖形コンジローマの代表的な症状であるイボが確認できるようになるまで3週間から8ヶ月ほど日数がかかります。
イボができても痒みや痛みなどの症状が出ることはほとんどないことから、人によっては知らない間にイボの数が増え、面積が広がってしまうこともあります。
通常の性行為だけではなく、オーラルセックスやアナルセックスによっても感染するため注意が必要です。

尖形コンジローマの治療は大きく分けて外科的手術と薬物治療に分けることができます。
イボが小さく、感染があまり広がっていないような場合には、ベセルナクリームを塗布することによって十分治療が可能です。
しかし、イボが大きくなっているような場合には外科的手術が必要となります。
ヒトパピローマウイルスを完全に取り除くことは非常に困難です。イボは目視できますが、ウイルスそのものは目視できません。
そのため、イボが消失したとしても十分に経過を観察し再発を防ぐ必要があります。
途中で治療を止めてしまうと再発の可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

コンジローマになると子宮頸がんのリスクが高まる

尖形コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスには100種類以上の種類があります。
ヒトパピローマウイルスは非常にありふれたウイルスであり、誰でも1度は感染する可能性があるウイルスです。
このヒトパピローマウイルスは大きく分けると尖形コンジローマなど将来がんとなる可能性が少ない低リスク型のものと、がんとなる可能性が高い高リスク型のものがあります。

高リスク型のものは子宮頸がんや陰茎がんの原因となることが多く、中でもヒトパピローマウイルスの16型と18型は、子宮頸がんを発症している若い女性の多くから発見されています。
尖形コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスに感染したまま放置すると、子宮の入り口の細胞が変化し、時間の経過とともにがんになる危険性もあるため注意が必要です。
癌になるまでには数年~数十年の年月が必要であるため、ガンになる前の状態で治療することが可能です。
そのため、尖形コンジローマに感染している可能性がある場合にはできるだけ早く治療を行うようにすることが必要となります。

尖形コンジローマはイボがあまり大きくないような状態であればベセルナクリームを塗布することによって十分に治療が可能です。
ただし、イボができている場所や数、大きさなどに応じて医師とよく相談して治療法を選択する必要があります。
場合によっては外科的手術が必要な場合もあります。
尖形コンジローマは再発を繰り返すことが多い性病であるため、根気よく治療を続けることが大切です。
イボが消えてもウイルスが残っている場合もあるので、およそ8週間程度治療を続ける必要があります。
ベセルナクリームを使用する時は、医師や薬剤師の指示に従い、用法用量を守って正しく使うことが大切です。